臨床心理士なるには…リベラル社会を考える。

臨床心理士という職業があります。
臨床心理士なるには、国家資格ではないのですが、
試験をパスするか専門の大学などを出ることが必要になります。
臨床心理士はクライアントが抱える問題を解決する事が仕事で、
活躍する現場は、学校に配属されたり民間企業に配属されたりと実に様々です。
そこで考える事は、今の社会が不自由であるから、
彼らの仕事が様々な場所で必要なのだと云う事です。
苦痛がなければ心理的圧迫が存在する訳はないのです。
臨床心理士は、個人の問題を解決します。
社会は誰が解決するのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です