井之頭病院で考えた自由診療

【自由診療】という言葉がある。
保険診療の対語に当たり、最先端の医療を全額自費で受ける行為。
これも一つのリベラルな考えだといえるのだが、実質的には完全に自由ではない。
というのも、自由に診療を受けられるが、
それは「お金を持つ物だけ」という限定条件下の自由だからだ。
だが、これを憂う事はない。
先日、近所の井之頭病院に行った時だが、なかなかに賑わっていた。
全ての病院が自由診療になれば混むという事も減りそうである。
我々は保険診療のお陰で気軽に医療を受けられるからだ。
自由を謳歌するには、お金だったり別の代償が必要なようでもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です